製薬会社にもIT戦略

インターネット普及して以来、種々のネットビジネスが誕生しています。
それにつれて、ITに関係のない企業も、ネットビジネスに参入してきました。
現在では、ネットでの集客を行うことは当り前でもあり、各種企業がネット収益を見込んだ活動を行っています。
また、IT導入は、Window95発売以降に浸透し、今ではITシステムのない企業は存在しないような動きになっています。
しかし、その活用となると果たして、どのような状況でしょうか?
企業には、事業全体を策定するための経営戦略というものがあります。
マーケティングや広告商戦などもその中に入り、企業の経営効率やスリム化、さらには、利潤拡大のために、大切な企業活動の一つとなっています。
そんな経営戦略の中には、IT戦略ともあり、端的に言えば、IT全体の活用方法を策定、実行し、その評価や分析を行うことです。
そうして、より経営の効率化を図ることによって、企業の成長を試みる戦略と言っていいでしょう。
ITの活用は、情報化社会においては、必須のものであり、ただITを導入するだけが良いというものではありません。
企業の売り上げや作業効率などにどのように影響しているのかを、事業全体などとともに、鑑み続ける必要があります。

このサイトでは、そんなIT戦略と製薬会社の関係について、お話しています。
IT戦略の概要から始まり、ITにより営業の変化、あるいは、その必要性、さらには、顧客獲得一環、さらには、マーケティングや今後のIT戦略についても、言及しています。
ITはすでに生活必需品のようですが、その活用には、まだまだ可能性が残っています。
不況知らずのITとも言われ、世界同時不況下でも、IT産業は、収益を上げたという実績があります。
ここでの記述が、皆さんのお役に立つようでしたら、うれしい限りです。